認定ハラスメント相談員Ⅰ種試験は、ハラスメントに関する措置として義務付けられた相談窓口担当者の技能を認定します。

SMART合格講座

  1. 協会TOP
  2. 協会概要
  3. 事業内容
  4. 協会の沿革
SMART合格講座全一覧

「認定ハラスメント相談員Ⅰ種試験」に合格

SMART合格講座とは

SMART合格講座の「SMART」はsmartphoneを利用した学習も示唆していますが、私共がアピールしたいことは、学習方法(Learning Method)を「SMART」(賢明な)に行いたいということを意味しています。

資格取得を目指しておられる方々はお忙しい方が多いようです。つまり、学習意欲が高く、さまざまな資格に挑戦される方々は、会社でも重要な業務に就かれている場合が多く、学生さんなどの場合も、他の学習に忙しくしておられるようです。

そんな中、学習時間を賢明に作り出し、通勤や通学、お昼休みや休憩時間、就寝前の少しの時間でも、有効に学習するSMART学習が極めて重要です。

当協会が「個人情報保護士」「情報セキュリティ管理士」「マイナンバー実務検定」などの合格者に、「受験に際し、何時、どこで学習した」のかを調査したところ、「通勤時間」が一番多く、次は「会社が休みの土曜日」で、三番目が「お昼休み」との回答でした。

SMART合格講座は、スマートフォンを利用して「通勤時間」や「お昼休み」など、少しの時間を、賢明に、効率的に学習してもらうために、パソコンやタブレット、スマートフォンを有効に活用できるように配慮しています。

認定ハラスメント相談員Ⅰ種試験SMART合格講座

合格をめざして、スマートフォン・タブレット・パソコンで、いつでも、どこでも、好きなだけ、SMART(賢明な)に学習できる講座です。検定主催者がお勧めする対策講座です。本講座は認定ハラスメント相談員Ⅰ種試験の重要ポイントを学習して合格への第1歩として下さい。

認定ハラスメント相談員Ⅰ種試験 SMART合格講座

受講料は現在オンライン・De・資格キャンペーンで18,700円(税込)のところ⇒13,200円(税込)

【講座内容・所要時間】

・SMART動画 5時間50分

・SMART答練 4時間35分

・WEB模擬試験 2時間

・【働き方改革検定】認定ハラスメント相談員試験 公式テキスト付

認定ハラスメント相談員Ⅰ種試験とは

ハラスメントに関する指針では、「ハラスメント相談窓口の設置」と、「ハラスメント相談員」(カウンセラー)の配置は、ハラスメント防止のために、事業主が講ずべき「必須の措置」となっています。ハラスメント相談窓口と相談員の配置はハラスメント防止の第1歩だからです。

ところで、実際に企業の相談体制が機能しているかどうかについて見てみると、ハラスメントを受けたと感じた人の、その後の行動の調査によると、相談窓口は設置されているが、窓口を利用した人はわずか12.2%しかいないのです。

この結果から見ると、相談窓口は作っていても実際には機能していないと言わざるを得ません。その大きな理由として、相談員への信頼が不足している事が最も大きな原因と思われます。

相談窓口が適正に機能するには、相談員の増員と教育に力を入れて、真に相談できる体制の整備を図ることが必須なのです。

現在、資格を取得した優秀な相談員の養成が急務です。今後ハラスメント相談員の活躍の場はますます広がっていきます。

【認定ハラスメント相談員Ⅰ種試験 課題一覧】


課題課題名課題内容
午前課題第1課題職場におけるハラスメントの理解
(1)ハラスメント対策の必要性とハラスメントの現状
(2)セクシュアルハラスメントの理解
(3)妊娠・出産等に関するハラスメントの理解
(4)パワーハラスメントの理解
(5)その他のハラスメントの理解
(6)ハラスメントの法的責任
第2課題ハラスメントを防止するために事業主が講ずべき措置
(1)性的言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置
(2)妊娠・出産等に関する言動に起因する問題に関する雇用管理上の措置
(3)事業主の方針等の明確化及びその周知・啓発
(4)相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備
第3課題ハラスメント危機対応の全体像
(1)相談窓口の設置
(2)事実関係の確認
(3)行為者・相談者への措置
(4)苦情処理・和解調整
(5)会社外の紛争処理手続き
(6)再発防止策の検討
第4課題ハラスメント相談員の実務①
(1)相談対応の重要性
(2)相談対応後の流れ
(3)一次対応の留意事項
(4)相談員の心構え
(5)相談者・行為者へのフォローアップ
第5課題ハラスメント関連事件の判例
午後課題第6課題ハラスメント相談員の実務②
(1)ハラスメント相談メールへの返信
(2)ハラスメント電話相談への返答

【認定ハラスメント相談員Ⅰ種試験 出題数・形式等】


出題数・形式午前試験選択式設問 65問程度
出題数・形式午後試験記述式設問 2~3問程度
合計出題数合計 70問程度
正答率合格ライン午前試験・午後試験ともに70%
想定合格率50%程度
参考資料厚生労働省各種資料・調査データ
参考問題ホームページ掲載 10問程度を掲載
― 試験を最短の学習で合格する―

認定ハラスメント相談員Ⅰ種試験 SMART合格講座

【受講料】

18,700円(税込)→オンライン・De・資格キャンペーンで13,200円(税込)

【講座内容・所要時間】

・SMART動画 5時間50分

・SMART答練 4時間35分

・WEB模擬試験 2時間

・【働き方改革検定】認定ハラスメント相談員試験 公式テキスト付


【講師】

弁護士  中村 博

【概要】

基礎から合格レベルまでの、要点や重要ポイントの映像講座4時間程度を、好きなように分割して学ぶことができます。

並行して出題傾向をつかみ、知識を整理するために、SMART答練で重要問題に挑戦して実践力をつけます。

スマート答練では、1問ごとに講師が、出題のねらいと、解答と解説を行います。

仕上げには、実際の試験と同じ時間で、同じ問題数に挑戦する、WEB模擬試験で実力を試して下さい。

お申込みはこちら

このSMART講座の講師紹介

東京弁護士会 新霞が関綜合法律事務所所属

中村 博弁護士

【 講師プロフィール 】
  • 1995年4月 東京弁護士会に登録・ロア・ユナイテッド法律事務所入所
  • 1997年4月 東京弁護士会民事訴訟法改正特別委員会委員(1999年2月まで)
  • 1998年4月 東京弁護士会広報委員会委員(2004年3月まで)
  • 2004年4月 東京弁護士会調査室嘱託(2009年3月まで)
  • 2004年4月 東京都港区人権擁護委員(2016年6月まで)
  • 2005年4月 東京弁護士会調査室室長(2008年3月まで)
  • 2007年4月 青山学院大学大学院ビジネス法務研究科非常勤講師(2009年3月まで)
  • 2007年6月 東京都港区学校法律相談制度麻布地区相談員(2019年3月まで)
  • 2018年4月~現在 立正大学新理学部非常勤講師(法学担当)
  • 2019年4月~現在 東京都港区教育委員会委員
【 講師から一言 】

 認定ハラスメント相談員Ⅰ種試験合格のために必要な最低限度の知識を、各単元ごとにコンパクトに解説させていただきました。
? ハラスメント相談員には、相談制度の意義と役割を十分に理解した上で、相談者に寄り添いながら、相談者からの相談内容をいかに的確に聴取できるかということが求められております。
 この全部で4時間余りとなる講義を聞けば、講義の視聴が終わるころには、試験合格のために必要な最低限度の知識を取得されているはずですので、あとは、いかに冷静に試験に対処できるかが問われるだけだと思います。
 皆様方の合格を祈ります。



このSMART講座を視聴する(各テーマ1分間)

下記の「無料視聴する」ボタンをクリックすると「短期集中講座」及び【SMART合格講座 】の1分間、各テーマごとの内容を視聴していただくことができます。




無料視聴する





SMART学習メソッドで合格までの目標 3カ月

認定ハラスメント相談員Ⅰ種試験 SMART合格講座の学習方法

1.SMART動画学習
2.SMART答練学習
3.SMART模試学習
4.SMARTテキスト学習
5.SMART音声学習

【SMART合格講座】
無料視聴する

【SMART合格講座】
お申込み


SMART講座お申込 PAGE TOP