設立から26年 検定合格者累計140万人の全日本情報学習振興協会が運営する講座

SMART合格講座

SMART合格講座 一覧

「宅地建物取引士」試験の有資格者になろう

宅地建物取引士SMART合格講座

本講座は「宅地建物取引士」の合格を目指した対策講座です。合格を目指して、スマートフォン、タブレット、パソコンで、いつでも、どこでも、好きなだけ、SMART(賢明)に学習できる講座です。長年宅建士の受験を指導してきた2名の講師による最強の対策講座です。
ところで、宅地建物取引士試験に出題される問題は、70%から80%が過去問をアレンジした問題、いわゆる焼き直しと言われ、きちんと勉強すれば、法律の知識が全くない方でも合格しやすい試験と言えます。
基礎から実戦的な知識までを養うSMART合格講座は宅地建物取引士合格への第1歩となります。


(1)宅地建物取引士 SMART合格講座

【受講料】19,800円⇒GOTO資格キャンペーンで14,800円(税抜)
※GOTO資格キャンペーンの上記価格は2月28日迄とします。
【構成】
SMARTビデオ動画約25時間 基礎から実践まで、基本ビデオ講座です
SMART答練4時間 過去問70問の解答解説を行います
SMART模擬試験5年分の過去問の中から重要問題を選択して作成
約4時間 2時間の模擬試験 × 2回分

受講料は現在GOTO資格キャンペーンおよび早期申込割引で 19,800円のところ ⇒ 14,800円(税抜)

SMART合格講座お申込み

※本講座の動画は順次公開しております。令和3年1月末ごろまでにすべて公開を予定しております。



宅地建物取引士試験とは

宅建は「宅地建物取引士」の略称で、宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格です。年齢・学歴・実務経験などの受験制限がなく、誰でも取得を目指せる資格であり、毎年20万人前後の受験者数を誇る最大規模の国家資格です。

宅地又は建物の売買、交換又は貸借の取引に対して、購入者等の利益の保護と、公正かつ誠実に法に定める事務を行うための不動産取引法務の専門家であり、また円滑な宅地又は建物の流通ができるようにサポートします。

具体的には不動産の売買や賃貸物件をあっせんをする際に、お客様に、その土地や建物に関する、いわゆる重要事項の説明を行うために「宅地建物取引士」が必ず立ち会う必要があります。

したがって、資格が役立つ業界は不動産会社、建築会社、金融機関、不動産管理会社などがあり、就職、転職にとても有利になります。



【担当講師紹介】

 本講座の横田講師及び川島講師は長年宅地建物取引士の受験対策セミナーなどに携わっており、多くの合格者を輩出してきた実績ある講師です。2人の最強講師タッグによる対策講座は、間違いなく、合格への第1歩となるはずです。

【宅地建物取引士SMART合格講座 講師】

横田 政直

宅地建物取引士

行政書士

競売不動産取扱主任者

賃貸不動産経営管理士

一般財団法人 全日本情報学習振興協会特任講師

【 講師経歴 】
  • 中央大学法学部法律学科卒
  • 大原学園宅建課
  • 東京リーガルマインド宅建課
  • ユーキャン宅建課
  • TAC宅建課
  • 杉並区議会議員

東京都杉並区議会議員の時代を挟み、予備校等で約20年間の宅建講師を務めてきた異色の熱血講師。横田講師は、これまで1,000人以上の宅建合格者をサポートしてきており、講義は豊富な知識と多くの合格者を輩出してきた自信に裏打ちされている。
「ミスター宅建 横田」の講義には説得力があり、受講生の頭に宅建知識を脳裏に焼き付けます。

【 講師から一言 】

 宅建は初学者でも独学でも、しっかり学習すれば、だれでも合格することができる人気の国家資格です。あなたも合格できます。
 特に、不動産、建築業界の方や、就職活動を控える学生を始め、転職・キャリアアップを目指す社会人にお薦めです。
 SMART合格講座で「宅建士」の称号を、一緒に目指しましょう。



【宅地建物取引士SMART答練 講師】

川島 美晴

宅地建物取引士  一級建築士

福祉住環境コーディネーター カラーコーディネーター

インテリアコーディネーター

一般財団法人 全日本情報学習振興協会特任講師

【 講師プロフィール 】
  • 日本工業大学、東京観光専門学校などの講師を歴任。
  • 厚生労働省管轄の教員免許を持ち、職業訓練指導員などで活躍している。
  • コンピュータ関連の知識も豊富でコンピュータリテラシーの講義も得意としている。 
【 講師から一言 】

 宅地建物取引士試験に出題される問題は、その多くが過去問をアレンジした問題となっています。いわゆる焼き直し問題であり、過去問をしっかり勉強すれば、深い法律の知識はあまり必要なく、合格しやすい試験と言えます。
 率直な言い方をすると、国家試験の中では受験生も合格者も極めて多い試験です。宅建資格を取得することで、就職や転職に際して、国家資格取得者として、アドバンテージの高いあなたを演出することができます。
 本宅地建物取引士SMART答練は過去に出題頻度が高く重要な問題を解説しています。 SMART答練で「宅地建物取引士」の称号を、一緒に目指しましょう。



宅地建物取引士の試験科目

試験科目は「宅建業法」「法令上の制限」「その他関連知識」「権利関係」の4科目です。四肢択一で、解答はマークシート方式で答える筆記試験です。

出題範囲

宅地建物取引士試験は、次の7分野から出題されます。


  1. 土地の形質・地積・地目および種別、建物の形質・構造・種別に関すること。
  2. 土地および建物についての権利および権利の変動に関する法令に関すること。
  3. 土地および建物についての法令上の制限に関すること。
  4. 宅地および建物についての税に関する法令に関すること。
  5. 宅地および建物の需給に関する法令および実務に関すること。
  6. 宅地および建物の価格の評定に関すること。
  7. 宅地建物取引業法および同法の関係法令に関すること。

 宅建試験では、専門的な知識・理論ではなく、あくまでも基本的な事項からまんべんなく、広い範囲から出題されますので難しそうに感じますが、しっかり勉強すれば大丈夫です。

 宅地建物取引士は、不動産や不動産取引において、実用的かつ幅広い知識を持たなければいけないことを表わしています。


試験の科目と問題数点数

宅建試験の問題数と点数配分は、以下のようになっています。


科目問題数点数
宅建業法20問20点
法令上の制限8問8点
その他の法令8問(登録講習修了者は3問)8点(3点)
権利関係14問14点

試験の科目・項目と講座内容


課題単元名
権利関係意思表示
制限行為能力者
時効
代理
債務不履行、解除
弁済
契約不適合責任
相続
物権変動
不動産登記法
抵当権
連帯債務、保証、連帯保証
共有
建物区分所有法
賃貸借
借地
借家
不法行為
請負
委任
債権譲渡
相殺
宅建業法免許
宅地建物取引士
案内所の規制
営業保証金
保証協会
媒介契約
広告等に関する規制
重要事項の説明
37条書面
供託所等に関する説明
業務に関する禁止事項
自ら売主制限
報酬額に関する制限
監督処分
住宅瑕疵担保履行法
法令上の制限・税その他都市計画法
建築基準法
国土利用計画法
農地法
土地区画整理法
宅地造成等規制法
その他の法令上の制限
不動産取得税
固定資産税
所得税
印紙税
登録免許税
贈与税
地価公示法
鑑定評価基準
免除科目住宅金融支援機構法
景品表示法・公正競争規約
土地
建物
統計の対策

―宅建に最短の学習で合格する―

宅地建物取引士 SMART合格講座

【受講料】

受講料は現在GOTO資格キャンペーンおよび早期申込割引で19,800円のところ⇒14,800円(税抜)
※GOTO資格キャンペーンの上記価格は2月28日迄とします。

【構成】

SMARTビデオ動画 約25時間 基礎から実践まで、基本ビデオ講座です

SMART答練    約4時間 過去問70問の回答解説を行います

SMART模擬試験  5年分の過去問の中から重要問題を選択して作成

約4時間 2時間の模擬試験 × 2回分



SMARTビデオ動画

【所要時間】約 25時間

【講師】横田政直 特任講師

【内容】全範囲

【講座概要】

 基礎から実践まで宅建業法を中心に、権利関係、法令上の制限、その他の法令など、出題ウエートに合わせて解説します。

(ビデオ動画は一部受講可、1月下旬に完全リリース。答練・模試はすでに全てリリースされています。)




SMART答練

【所要時間】約4時間 重要過去問70問の回答解説を行います。

【講師】川島美晴 特任講師

【内容】直近5年分の過去問の中から作成しています。

【講座概要】

 基礎から合格レベルまでの、重要ポイントを押さえたSMART答練の約4時間を好きな時間に分割して学ぶことができます。
 出題傾向をつかみ、知識を整理して重要問題に挑戦することで実践力を身につけます。
 SMART答練は、1問ごとに講師が、出題のねらいと、解答と解説を行います。




SMART模擬試験

【所要時間】約 4時間 2時間×2回分

【内容】直近5年分の過去問の中から1回50問の重要問題を選択して作成しています。

【講座概要】

 出題傾向をつかみ、知識を整理して重要問題に挑戦することで実践力を身につけます。
 仕上げに実際の試験と同じ時間で、同じ問題数に挑戦する、本WEB模擬試験で実力を試して下さい。





SMART合格講座お申込み

※本講座の動画は順次公開しております。令和3年1月末ごろまでにすべて公開を予定しております。



【SMART合格講座の機能と無料視聴】

1.宅地建物取引士SMARTビデオ動画の指導内容

このSMART講座を視聴する(各テーマ1分間)

下記の「無料視聴する」ボタンをクリックすると「短期集中講座」及び【SMART合格講座】の1分間、各テーマごとの内容を視聴していただくことができます。

無料視聴する






※本講座の動画は順次公開しております。令和3年1月末ごろまでにすべて公開を予定しております。





  1. SMART合格講座は、講座の内容が1単元ごとにおよそ5分~15分に分割されていて、単元ごとに、無理なく内容を整理・把握して、確実に理解しながら学習していくことができます。
  2. SMART合格講座は、前の単元に戻ったり、次の単元に進んだりできます。ストップしたり、少し戻って聞きたいときは、動画下部の「ストップ記号」を押したり、「進行状況を示すバー」を動かすことで調整することができます。また、目次から必要な単元のみを再度視聴したりすることもできます。
  3. SMART合格講座は学習時間を記録しています。週にどの程度学習したのかを確認することができます。また、学習済みの単元についてチェックマークがつきますのでどの単元まで学習したのか一目で分かります。
  4. 理解しにくかった単元や復習する必要がある単元には、「復習チェック」にマークして、目次で確認しながら再学習することができます。
  5. 解説動画は視聴スピードを2倍速、1.5倍速にして素早くご覧いただくこともできます。

2.宅地建物取引士SMART答練の指導内容

本宅地建物取引士SMART答練は、下記の試験科目、出題範囲を考慮して、出題頻度が高く、重要度の高い70の問題に絞り、分かりやすく解説しています。必ず得点力アップのお役に立つと信じています。
SMART答練の終了後、または並行して過去問から作成した模擬試験2回分を実施して実践力を身につけて下さい。





  1. SMART答練は、当日と同じ問題数、制限時間で行う模擬試験とは異なり、過去問などから、複数回出題されているテーマや出題頻度の高い問題、予想問題をピックアップして回答してもらい、正否だけでなく、その設問の解説、重要性や背景などについて講師に講義してもらうものです。
     当然のことですが、合格するには知識を整理して記憶する学習と、実践力が必要ですが、SMART答練は実践的な問題解答能力を養います。
  2. 資格試験の出題範囲は多くの科目や、広い範囲に及ぶものがありますが、多くの場合、 50~60のポイントについて知識や能力の確認をするものが多いと言われています。
     当協会のSMART答練は、その科目の問題数によって異なりますが、本宅地建物取引講座では、重要な問題70問を一問一答形式で解説します。

SMART合格講座お申込み


※本講座の動画は順次公開しております。令和3年1月末ごろまでにすべて公開を予定しております。


3.宅地建物取引士SMART模試の内容

WEB模擬試験は、過去に実施された試験を使い、実際の問題と制限時間で模擬試験を実施するものです。本番と同様の難易度の問題で実践に備えていただきます。制限時間がカウントダウンされる緊張感の中で実力を試すことができます。


【WEB模擬試験ログインページ】


【受験形式の選択ページ】

WEB模擬試験は制限時間まで「連続して受験する」場合と、「途中で中断、分割して」制限時間内で受験する場合のいずれかを選択することができます。
 WEB模擬試験は何回でも受験することができますので、1回目の受験は「制限時間内で回答する」、時間イメージをつかむために「中断不可能」を選択することをお勧めします。


【受験形式の選択ページ】

 WEB模擬試験をスタートすると、時間がカウントダウンされ、制限時間になると自動的に試験が終了します。時間配分を考えながら実践力を身に着けて下さい。

  1. 回答するには、正しいと思うボタンをクリックして、次の問題を選んだり、前の問題を選択しながら回答を進めていきます。
  2. 「解答状況確認表」で、回答済みの問題を見直したり、まだ回答していない問題を選択したりすることができます。

【解答確認ページ】

 WEB模擬試験が終了すると、得点結果、合否判定、問題ごとの正答状況が表示されます。回答確認をクリックすると、どの問題を間違えたかを確認することができます。
 結果を見て、すべての問題が正答になるまで、何回でも模擬テストに挑戦することができます。


スマート合格講座とは



SMART合格講座の「SMART」はsmartphoneを利用した学習も示唆していますが、私共がアピールしたいことは、学習方法(Learning Method)を「SMART」(賢明)に行いたいということを意味しています。

資格取得を目指しておられる方々はお忙しい方が多いようです。つまり、学習意欲が高く、さまざまな資格に挑戦される方々は、会社でも重要な業務に就かれている場合が多く、学生さんなどの場合も、他の学習に忙しくしておられるようです。

そんな中、学習時間を賢明に作り出し、通勤や通学、お昼休みや休憩時間、就寝前の少しの時間でも、有効に学習するSMART学習が極めて重要です。

当協会が「個人情報保護士」「情報セキュリティ管理士」「マイナンバー実務検定」などの合格者に、「受験に際し、何時、どこで学習した」のかを調査したところ、「通勤時間」が一番多く、次は「会社が休みの土曜日」で、三番目が「お昼休み」との回答でした。

SMART合格講座は、スマートフォンを利用して「通勤時間」や「お昼休み」など、少しの時間を、賢明に、効率的に学習してもらうために、パソコンやタブレット、スマートフォンを有効に活用できるように配慮しています。


※本講座の動画は順次公開しております。令和3年1月末ごろまでにすべて公開を予定しております。





PAGE TOP